2006年05月14日

松井骨折 全治3ヶ月

 骨折って痛いんですよね。私も数年前にいい年して初めて骨折したのですが、いまだかつて経験したことのない激痛に戦慄した記憶があります。

 しかし松井にしてみれば踏んだり蹴ったりというか。日本のファンを落胆させたWBC欠場は、基本的にお金を払ってくれるファンのためにプレーすべきプロスポーツ選手として、現在の所属先であるヤンキースのファンを優先させた結果。それは参加選手のシーズン突入後の調整不足を見れば正しい選択だったわけですが、新人から一流になるまで支えつづけた日本のファンが裏切られた気持ちになるのも仕方のないところ。しかも欠場したにもかかわらず、開幕からイマイチ調子が上がらない。それがプレッシャーになったのか、勝負どころでも何でもない初回の守備で無理して骨折。プロ選手がどの程度の安全マージンをとったプレイをしているのかはわかりませんが、対人プレーでもないのにあんな大怪我をしてしまうのは、何がしかの焦りも影響したのではないでしょうか。この長期離脱で、WBC欠場も無意味に。正直、調子の出ない松井を「いいザマだ」と思っていましたが、早く復帰して以前のように活躍してほしいです。

 ちなみに松井は紳士的で嘘くさくないファン思いの言動をするのでもともと好きでしたが、ある分野で師匠と呼ばれていると聞いてさらに好きになった経緯があります。ご存知ない方は「松井 師匠」で検索を(笑)。

http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/p-bb-tp2-20060513-31283.html
posted by LENDL55 at 01:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。