2006年08月28日

デジタル一眼レフシェア ソニーが2位

 ビックリです。新製品(しかも初中級クラス)効果もあるとはいえ、ソニーがここまで躍進するとは。ブランド力恐るべし。キヤノンもkissの新型を出すし、今後のシェア争いが楽しみです。
 ちょっと心配なのがオリンパス。手振れ補正ブームに完全に乗り遅れ、しばらく苦戦を強いられそう。ライブビューは便利だと思うんですけど、規格上どうしてもファインダー像が小さくなってしまうのは、一眼レフとしては厳しい。私も一時はオリンパスブルーに憧れて第一候補にしてたんですが、店頭でファインダー覗いてやめました。松下が参入したとはいえ、下手すれば撤退もありえるのかなあ。
 翻って私も持ってる(ist* DS)PENTAXは、新機種のK100Dが結構好評で、シェアも「その他」にカウントされないぐらいにはあるようです。初心者が気にする「画素数」が低い(600万画素)割には頑張ってますね。安いですし。私がPENTAXを選んだ理由は、パンケーキレンズに代表される小型・軽量さ(にしては高画質)ですが、同じくボディ内手振れ補正を選択したソニーが同様なレンズを出すなら、PENTAXにこだわるつもりはありません。といってもソニーだと、すぐ壊れそうなイメージがあるんですけどね(笑)。

http://www.asahi.com/business/update/0824/118.html

posted by LENDL55 at 00:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。