2007年12月13日

副部長が巨乳?!:お茶にごす。第35服「先生」

 こんなヲタ狙いの設定を今頃になって後づけとは作者必死だな、と単行本をチェック。2巻は1カットのみで、「ムッ、でかい…」。1巻は結構出番がありますが、他の女の子と同時に描かれるカットでは必ず大き目で「ムムッ、やる!」。この作者の美少女はスレンダーなトコが魅力なので、すっかり見逃してました(笑)。最近の話の唯一の不満点は、副部長の出番がメッキリ減ったことなので、この巨乳設定を活かしてレギュラー化を狙って欲しいです。

 しかしホント、2巻は学園コメディとして最高に面白いです(副部長を除き変人揃いですが)。まだ未チェックの人は、1巻と合わせてゼヒ!!

http://websunday.net/rensai/set_ocha.html

posted by LENDL55 at 19:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

湯呑み応募しました:お茶にごす。第18服「間接」

 私は基本がケチなので、切手が自己負担の抽選懸賞に応募することはまず無いのですが、今回は「サンデー10冊買っても、はがき代と合わせて3,000円か…」と思わず計算していました。マンガの方も、部長の美しさが良く出ていて満足です。

 このマンガは、ギャグの面白さはもちろんですが、茶道部が舞台とあってキャラ配置が美少女ゲーっぽいところがハマっている理由です。部長(天然お嬢様)、夏帆(高レベルツンデレ)、智花(腹黒)、副部長(ノーマル苦労人)、いかした親友(山田)。このままエロゲが作れます(笑)。いま一番楽しみにしているマンガ。ついに発売された単行本第一巻をゼヒ!

http://websunday.net/rensai/set_ocha.html

posted by LENDL55 at 12:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

お茶にごす。 第2服「部活初日」

 序盤からこんなに飛ばして大丈夫なんだろか、と心配になるほどのハイスピード・ギャグ展開で、人前で笑いをこらえるのが大変でした。この作者のマンガは「甘く危険なナンパ刑事」からほぼリアルタイムでチェックしてますが、笑いのツボがホントに私に合います。ただ前作「道士郎でござる」は主要キャラが早々に学校を辞めてしまい楽しめなくなったので、今回も過度の期待は控えておこうと思います。
 ギャグもそうですけど、この作者は良質なツンデレを男女問わず出してくれるのが嬉しいところ。今回は女の番ですね(夏帆)。部長は問答無用で萌えるし、腹黒(智花)も配する女性キャラ布陣に抜かりなし。ラブコメもユックリとでいいので進展させていってほしいです。

http://www.websunday.net/rensai/set_ocha.html

posted by LENDL55 at 21:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

あいこら PARTS71「今でも君を」

 私は他派を激しく攻撃するほどではないですが、萌えエロゲで過去の男がチラつくのは勘弁してほしいタイプ。やっぱり、ヒロインが一番最初に好きになるのは、親父や兄貴を除けば自分であってほしい。というわけで、先週〜今週の前半までの展開で、私の中で天幕(≒あいこら自体)は終了の危機にありました。既に過去形なわけですが(笑)。

 ハチベエはもちろん変態なんですけど、こと恋愛沙汰に関しては、ヒロイン以上に可愛いと思います。全て天幕がらみになってしまいますが、ビッグサイトでのようやくの出会いとか、初キスシーンとか。今回のジェットコースター頂上での叫びも同様で、しかもそれをコメディタッチでサラッと描く作者のセンスは非常に好み。轢かれるシーンで爆笑ですよ。つか、普通あんな時間にコースターは走ってないだろう(笑)。来週も楽しみです。

http://websunday.net/rensai/set_aikora.html

posted by LENDL55 at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

結界師 第150話「三角関係」

 私が結界師に求めているのは、究極的にはこれですね。良守と時音のラブコメ。タマ姉もそうでしたけど、年上幼なじみヒロインの嫉妬は実に萌えます。時音は特に、安易にホホを染めないところが素晴らしい。女子高生にしてはいくら何でも冷静すぎだろ、という無粋なツッコミはやめましょう。もっとも、ラブコメが次の段階に移行するには、また2年ぐらい先になりそうですけどね。

 ちなみにいま個人的に注目しているのは、裏会最高幹部の一人:奥久尼。彼女は十中八九美人で、かつ根はいいヤツのはず。つまり藍緋の再来。間違いない。

http://websunday.net/kekkaishi/

posted by LENDL55 at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

あいこら PARTS64「温泉旅行」

 ハチベエはすっかり天幕モードに入ってるようですが、読んでるこちらも負けず劣らず。浴衣姿、髪を上げた状態でポッとホホ染め。先週の振り向きざまのアカンベーもたいがいでしたけど、今週のこのコマだけで2週間は戦えます。フェチの方も、温泉卓球で乳ユレという非常に分かりやすいものから、常人には全くもって理解不能なインディアンデス・ロックプレイまで完備。さすがに唐突な温泉旅行&センターカラーだけのことはあるクオリティでした。
 
 しかし弱った。10月頭にCanvas2 DVD EDITIONをプレイ後、はや2ヶ月が経とうというのに、買いたいエロゲが見当たりません。普通ならそろそろ禁断症状が出て(←馬鹿)、ちょっといいなと思ったら購入してしまうんですけどね。ここのところの天幕フィーバーで、ツンデレ萌え分が十分補充できてしまっているのが原因。困ったもんです(笑)。

http://websunday.net/rensai/set_aikora.html

posted by LENDL55 at 01:23| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

あいこら PARTS63「珍展開」

 あまりにも萌える天幕との急速な恋愛進展に、すわ連載終了か?と危惧した凡人の杞憂を吹き飛ばす一発回答。終わるどころか、フェチと恋愛の共存という、新たなステージへの移行です。まだしばらくは続きそうで一安心。しかも今回は、変態ラブコメとしてかなりイイ線いっていたと思います。至高の迷言連発の油坂の漢度は、相当なものですね。いやホント、リアルと二次元は別腹ですよ(笑)。
 マンネリ展開が続くこともありますが、たまにこういう回があるから、あいこらはやめられません。

http://websunday.net/rensai/set_aikora.html

posted by LENDL55 at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

あいこら PARTS61「ファーストキス」

 ここのところのスクラン:沢近のデレっぷりの可愛らしさも異常でしたが、こちらもヤバイ。キスですよキス。しかも不意打ち。さらに顔を真っ赤にして走り去り。往来でニヤつきを抑えるのが大変でした。ここのところ変態ネタも尽きてきた感がありますが、ツンデレ萌え路線は健在です。

 しかしツンデレヒロインを楽しむには、相方も重要ですね。沢近の場合は、播磨にその気が無さすぎて暗い未来しか想像できず、どうしても萌え切れません。一方あいこらは、ハチベエは変態ですがむしろカワイイぐらい(キスの夢見て本人の前でカァァっと赤くなる、ってお前がヒロインか)で萌え萌え。弓雁やあやめには気の毒ですが、このまま天幕ENDへ突っ走ってほしいです。

http://websunday.net/rensai/set_aikora.html

posted by LENDL55 at 21:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

スクールランブル #193 FUTUREWORLD

 今週は仕事に忙殺されてましたが、書きたいことは色々ありました。ここにきて登場キャラの言動にサッパリ共感できなくなったシムーンとか、ようやく面白くなってきたと思ったらもう最終回のゼロの使い魔とか、しげの秀一のパロに対する情熱の1/10でいいから裸をエロく描くことに傾けてほしいあいこらとか、CooL!!のOPデモは微妙なデキだがもはやそんなことは問題ではない、等等。その中でも一番萌えたのはスクールランブルでした。
 スクランに登場する女の子はみな好きですが、あたま一つ抜けてるのが美琴(次点で晶)。彼女に私の萌えコスチュームであるタイトスカートのスーツ姿をさせた時点で満足してたところに、花井との妄想夫婦という追い討ち。花井は晶やつむぎもありですが、美琴には花井しかあり得ない派の私としては、これ以上は無い萌え場面でした。もう今週が最終回でも悔いはありませんけど(笑)、今後にも期待。

http://www.school-rumble.net/

posted by LENDL55 at 00:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

あいこら PARTS44「坂下門学園大運動会」

 先週で天幕のデレ期が始まってしまうのかと危惧していましたが、フタを開ければいつもどおりのドタバタ変態ラブコメで一安心。しかも今回は中身も充実。「たとえ打ち切られても、しげの秀一のアシスタントで10年は食っていける」に代表されるパロネタはもちろん、お約束のストーリーで読者の期待通りの夫婦漫才を見せるハチベイ×天幕コンビが最高。そしてさらに、目からウロコの「点眼プレイ」。あおむけで無防備な姿をさらす女の子に点眼するという行為は、私の中のサディスティックな何かを猛烈に刺激します。エロ過ぎ。変態マンガの面目躍如ですね。

 いつかネタが尽きる時がくるとは思いますが、先週のようなちょっといい話も交えながら、今後も突っ走ってほしいです。

http://websunday.net/rensai/set_aikora.html

posted by LENDL55 at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

あいこら(週刊少年サンデー)

 週刊のマンガで今一番のお気に入りがコレ。天幕と鳳の2大ツンデレ目当てです。特にツン→デレへの移行期にあたる天幕は今が旬。貧乏属性をも装備していることが明らかとなり、勢いで捨ててしまった思い出の品をハチベエが探しまわった回は、本作のベスト・エピソードといっていいでしょう(あとはメガネ弓雁とツンデレメイド)。掲載順位が常に微妙でいつ終わるかドキドキものですが、できるだけ長く続いてほしいです。
 この作者は、萌えてはいけないものに萌えることを(男性)読者に強制して楽しむクセがあるようで、今週号も暴走気味。次はクスリで肉体改造ですかね。もう何でもありの世界でギャグに突っ走る今回のパターンも好きですが、変態話抜きのラブコメもたまにはいいと思うんですけどね。

http://websunday.net/rensai/set_aikora.html

posted by LENDL55 at 03:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。